HOME > 書く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マイクロソフトオフィスの使い方

卒論・レポートの執筆にマイクロソフトオフィスを使う人は多いでしょう。
今回は基本的な操作方法について解説しているサイトをご紹介します。

ワード
基本:All About Wordの使い方

エクセル
基本:All About Excelの使い方
グラフ:Be Cool Users

パワーポイント
基本:All About PowerPointの使い方
プレゼン:BB-WAVE的PowerPoint使い倒し術
スポンサーサイト


書き方のルール

論文・レポートを書く上で、守るべき一般的なルールをまとめておきます。

1.「算用数字」「アルファベット」は半角
2.「」()などのカッコの中の最後の文章には句点(。)をつけない
3.「ですます」は「である」で統一する
4.「だと思う」「だと考える」「ではないか」は多用しない
5.読みやすいタイミングで読点(、)と段落を入れる。

...続きを読む



語彙力の即効薬

言葉と言葉はつながっている


論文を制作していると、似た言葉ばかり自然と選んでしまうことに気がつく
そこで検索ワードに対して、「同義語」「広義語」「狭義語」「人気語」を提示してくれるのがシソーラス辞書検索
thesaurus.gif


論文の構成

論文やレポートの構成は指導教員からの指定に従うのが大原則。
一般的な例を以下に紹介します。
表紙 まえがき

目次 本文

注釈 参考・引用文献

あとがき

...続きを読む



用紙設定

ここではMicrosoft Wordを用いる。

用紙サイズ
A4用紙を縦に使う。

文字数とフォントサイズ
1行40文字×30行を1ページに印字することを目安とする。
フォントサイズは10~11ポイント。

余白
上下左右とも25mm程度を目安とする。
綴じ代をページ左に10mm程度とる。

あくまで参考であり、詳細は論文の提出先に確認すること。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。