HOME > スポンサー広告 >すごい人のすごい企画書HOME > 卒論に役立つ1冊 >すごい人のすごい企画書

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


すごい人のすごい企画書

「考える」から「発表する」まで広く使えるビジネス視点
タイトルからもビジネスマン向けであることは想像できるが、企画=論文と考えてみると、論文を製作するほぼすべてのフェーズで活躍してくれる書籍であることがわかる。



企画書=論文」「商談=審査会」と考えればよい。

文章力やセンスよりも、「内容がきちんと伝わる」「読み手が納得できる」ことが大切だと考える。
ビジネスにおいて、企画書が魅力的でなれけばならないように、論文も読み手にとって魅力的であったり、読み進めたくなる内容であるべきだ。そのためのテクニックが驚くほど詰まった内容だ。

論文のテーマ設定が完了したあたりから使えそうな書籍である。
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://gtproject.blog52.fc2.com/tb.php/15-b299c7ab

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。