HOME > スポンサー広告 >マッキンゼー流プレゼンテーションの技術HOME > 卒論に役立つ1冊 >マッキンゼー流プレゼンテーションの技術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マッキンゼー流プレゼンテーションの技術

審査会をプレゼンテーションの場だと考える
発表する」フェーズで活用できる。
論文の発表プレゼンテーションだと考えて、「説得したいターゲットの設定」「持ち時間と配分」「設備、機材の確認」「リハーサル」など、営業さながらの準備ができる良書である。



論文の発表にはビジネス的視点に欠けるものが少なくない。特に発表自身にストーリーを持たせたり、リハーサルを行ったりすれば他の発表者とは一味違った内容にすることができるのではないだろうか。
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://gtproject.blog52.fc2.com/tb.php/18-d9474e4c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。