HOME > スポンサー広告 >日常のアイデアを活かすHOME > 考える >日常のアイデアを活かす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日常のアイデアを活かす

日常のアイデアをうまく論文に活かす3つの方法。

1.アイデアが生まれやすいシチュエーションを知る
昔からアイデアが生まれやすい状況は、
三上(馬上、厠上、枕上=移動中、トイレ、就寝前・起床後)
・3B(Bath,Bed,Bus=もちろん風呂、就寝前・起床後、移動中)

と言われています。
論文を制作しようと机に向かうとなぜか手が止まるという悩みをお持ちの方はどうぞ。

2.アイデアメモ帳を携帯する
アイデアはいつでもメモできるようにメモ帳とペンを常に持っておきましょう。ポイントは小さなメモ帳にして、さらに「○○用」などと分類しないことです。とにかくカバンに入れておくのが面倒でないようにしましょう。メモすることのメリットは「頭に浮かんだアイデアをさっさと出して、またフレッシュな頭にできる」という点です。

3.物事の逆を考えてみる
アイデアが生まれたらついでにその真逆も考えてみましょう。
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://gtproject.blog52.fc2.com/tb.php/35-f48c8898

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。