HOME > スポンサー広告 >周囲の人に協力してもらうHOME > 全体を管理する >周囲の人に協力してもらう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


周囲の人に協力してもらう

一人で頑張らない卒業論文
卒論制作の主役は当然あなたですが、決して一人で頑張りすぎないこと。
周囲には使える人がいることを知りましょう。

1.友人に協力してもらう
卒論に関わる情報はクラスメートと共有しよう。
進み具合や考えを聞いてやる気を出したり、情報の入手方法を聞いたりしよう。
同じ時期に同じように卒業論文を書くクラスメートは最大の協力者だ。

2.家族に協力してもらう
卒論の内容について家族や彼氏彼女に話してみよう。
「よくわからない」と言われたら要注意。
説明に問題があったり、あなた自身が実は内容を理解していない場合があります。
もちろん専門的な内容を、その分野の素人である家族がすべて理解することはできない。
ただし論文を発表するとき、それを聞く教授がその分野(とくに最新情報)に明るくない場合も想定できる。
素人に説明する機会を頻繁に持つことで、論文全体のロジックは格段にシンプルでわかりやすいものになる。

3.教授に協力してもらう
厳しい教授は多い。
しかしやる気のある学生を無視し続ける教授などそういない。
いたとしたら、それはあなたの質問に答える自信のない教授。
忙しいふりをしているだけなので、なにもあなたにとって有益な情報は持っていない。

4.先輩に協力してもらう
すでに卒論を書き終えた先輩がいたらぜひコツや情報源を聞いておこう。
なぜ教授ではなく、先輩がいいか。
教授は日々論文を書いている。いわば生活の一部。なので「なんでそんなに悩む。簡単じゃないか」という基本姿勢を持っている場合がある。
それに対して先輩はつい最近論文を書いたばかりで、その苦労をまだカラダで覚えている。だからこそあなたにとって身の丈にあった生きた情報を提供してくれるのだ。

5.知らない人に協力してもらう
教えて!gooなどインターネットで直接質問して、わかる人に教えてもらおう。
その際、なんでもかんでも聞いたり、あいまいに聞くと嫌がられる。
具体的な質問をしよう。
5W1Hを質問文に盛り込むとわかりやすい。
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://gtproject.blog52.fc2.com/tb.php/44-3e890b8d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。