HOME > スポンサー広告 >効率的に論文を書く習慣HOME > 全体を管理する >効率的に論文を書く習慣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


効率的に論文を書く習慣

論文執筆に限らず、効率的に仕事を片付けるための習慣をご紹介。

1.夕食は20時までに少なめに摂る
食事の習慣として摂取量を朝食<昼食<夕食と無意識に設定している人は多いと思います。
でも本当は朝食>昼食>夕食でよいのです。
夕食を摂りすぎると睡眠に影響します。早い時間に少なめに摂りましょう。

2.汗をかかなかった日は運動する
寝る前に「今日は汗をかかなかったな」と思ったら軽い運動をしましょう。
本当はジョギングやウォーキングがよいのですが、室内での筋トレでもいいでしょう。
体を動かすことで毎日のリズムをつかみやすくなります。

3.夜は22時までに寝て、朝は5時に起きる
夜22時以降に執筆作業をしてもたいした効果はありません。
卒論提出の間際のラストスパートなら理解はできますが、普段は22時までに執筆作業を終え、朝にまわしましょう。朝の一時間は夜の三時間ほどの効率が期待できます。

4.朝食を必ず摂る
朝食はその日のガソリンのようなもの。
摂らずに執筆しても効率は上がりません。
頭がフレッシュになった分、夜よりも効果は期待できますが、まずは朝食から一日をスタートさせましょう。

5.午前中に作業はしない
「作業」は午後にまわして、午前は「計画・創造」をしましょう。
単調な「作業」はいつでもできます。
頭をつかったり、アイデアをしぼったりする「計画・創造」は午前中に適しています。
個人差があるため夜発揮できる人もいますが、午前は頭もフレッシュで、より適しています。

6.15分間の昼寝を確保する
昼食後13~14時は眠気のピークです。
ここで15分だけ仮眠時間を確保できれば、その後の効率が改善されます。
アイマスク、耳栓、携帯枕などを持ち歩いておくと便利ですね。

お気づきとは思いますが、効率は「質の高い睡眠」と「適時適量の食事」に支えられています。
普段から当然のように行っている「睡眠」「食事」ですから、それをちょっと工夫してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL

http://gtproject.blog52.fc2.com/tb.php/57-77be1942

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。